モデリング入門

モデリングを使う事のメリット

モデリングを使う事のメリット

今回は「モデリング」のメリットについて考えていきましょう。

モデリングのメリットはモデル化(※3D化)出来る事によって、1人の人間が理解出来る範囲というものが非常に広がるというメリットがあります。
具体的にどのようなデータに使えるかと言うと、その良い例というのが、地図です。
地図には様々なバリエーションというものが存在します。
目的や縮尺の違いにもよって様々な実測地図が存在しますし、実際の地形とは違う絵地図等も地図の一つであります。地図というものは、用途に応じて様々なものを選択出来るという事が理解出来ると思います。

ここで、共通して言える事は、縮尺が大きい地図というものは、同じ用紙に描く範囲も広くなってしまいますよね?
こんな時に、モデリングを行う事により、細かな情報をそぎ落とし、骨格となる部分(※必要となる部分)のみを抽出する事が出来ます。
全体を把握するためには、細かな情報は必要ないからです。
全体を把握する為には、この骨格が非常に重要になってきます。
例として、世界地図を見た時に、国同士の境界線や大陸と海の境界線の部分は、世界地図において非常に重要な情報の一つと言えます。
これらの境界線と呼ばれるものが紙の上に描かれているだけで、私達を含めた全ての人々は、地球全体のイメージというものを持つ事が出来ます。
これらの事をシステム開発の分野に置き換えるとしましょう。
全体のイメージをシステム開発を行う全ての人間が持てる事は、非常に重要な事であると理解出来るでしょう。

ソフトウェアシステムは特に、私達の目には見えない「データ」という情報と呼べるものを取り扱うので、このモデリングと呼ばれる作業が非常に重要で、扱いやすいものと理解する事が出来るのではないでしょうか?